スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家へ。

茨城へ行ってみました。

姉とその旦那さんと甥っ子も来てて。

甥っ子は一人っ子なのに、どうも一人目のお子様だと思われないらしい。
おにーちゃんかおねーちゃんが居るような。
末っ子っぽいと言われているのだが。

姉曰く。
初孫は親戚中に甘やかされてねー、というのが普通だが、ウチは違う、と。
まぁ。
言われてみれば。
私にとって甥っ子はよその子ではない。
姉の子であって、よその子ではないのだ。

よその子ではない、と言うことは。
異常に優しくする必要など、微塵もない!ということだ。
だから私は、甥っ子に対して優しくすることはまずない。
常に対等か上から目線。
当たり前である。
皆樹ちゃんは甥っ子よりも28年も早く生まれて世間にもまれているのだ。
甥っ子などへでもない。

奴が戦闘態勢に入ろうものなら、全力で負かす。
挙句の果てに、頭を押えて「ごめんなさいはっ?!」とか大人気ない事までする。(酷い大人だ)

でも。
こうやって年上のものに虐げられるのは、兄弟間では当たり前ではなかろうか。
皆樹ちゃんは奴にとっては“大きいお友達”なのだ。
泣いてもわめいても、ばぁばのようにお菓子を買ってあげたりなんかしない。
一芸でもしてくれたら、ご褒美に買ってあげたりもするが。
ちゃんとお願いしたらお菓子1個ぐらいは買ってあげてもいい。
たまにはせがまれて抱っこだってしてあげるけども。
疲れたら即おろす。
奴が泣いてもおろす。
お友達には我が儘は通用しないのだ。

それでも、遊ぼうと来るのだから、ちびっこは計り知れない。
マゾだなマゾ。

で。
久しぶりに自宅で花火をやった。
こんなもん、ちびっこが居なかったらやらないのだけど。

大人達の中に3歳児一人。
花火独り占めかと思いきや。
皆樹ちゃんは率先して楽しむ。
甥っ子にとっといてあげよう、とかそんなお人よしではないのだ。
共に楽しむ。
皆樹ちゃんのが上手だーとかほくそ笑みながら楽しむ。

そんな風に3歳児を全力でからかって、楽しく過ごした。
なんか、3歳にもなると言葉が達者ですぐに可愛くなくなっちゃうーと思ったら、ちょっと淋しい。


闘うOL、花火奇麗だったねー。
手持ち花火。

comment

Secret

みなきちゃんは弟ができてとっても嬉しいらしい。
「ほらおかーさん、すなっぷ。みなきちゃんが好きなんだって。このひと、このひと。なんでこのひとがすきなんだろう」って、地デジのCM見ては言ってるぞ、チビは。

なんで?

ふっ…
まぁ、3歳児にはつよぽんの魅力はわかるまい( ̄▽ ̄)

それにしても、なかなかいぢめ甲斐のある弟よのぉ~。
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
嵐リンク&他
プロフィール

Author:皆樹-minaki-
◆◆◆◆ 10/13 ◆◆◆◆
相変わらずあちこちに痣。
なんで?
最近、映画をよくみます。
邦画って気分転換にいいかも。

最近の記事
最近のコメント
カピバラさん。

カテゴリー
闘うOL生活★QRコード
QRコード
RSSフィード
Amazon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。